3:ホスティング会社と契約して、サーバースペースを取得する

ホームページをインターネット上に掲載するには、サーバーと呼ばれる「コンピューター上のスペース」を借りる必要があります。

自分の家のパソコンで「サーバースペース」を作ってインターネット上に発表する人もいますが、それはとても高度な知識とテクニックが必要となるので、私たちはお金を払って業者のコンピューター上にスペースを借りることになります。

「サーバースペース」を簡単に説明するとこんな感じです。

フリーマーケットでお店を開くときに、場所代として1日1000円とか2000円とか払いますよね。そして、その決められた販売スペース内に商品を並べて販売するわけですが、「サーバースペース」もこれによく似ています。

サーバースペースの例

ホスティング会社と呼ばれる業者のコンピューター上に、場所代として月に1000円~、高いところになると数万円といったお金を払って、決められた分だけのスペースを借りるんです。

そのスペース内に商品の画像や、商品説明といった情報、そしてショッピングカートのソフトなどを移動させることで、ネットショップが出来上がり、インターネット上からあなたのショップにお客さんが訪れることが可能になります。

どうですか?フリーマーケットのシステムに似ていると思いませんでしたか?フリーマーケットで分かりにくければ、ビルのテナントでもOKです。

テナントは月極や年間契約でお金を払って、店舗のスペースを借りてお店を運営するわけですが、「サーバースペース」もちょうどテナントと同じように、お店を運営するためにホスティング会社のサーバースペースを借りて、ショップを運営するということです。

それから、肝心のホスティング会社ですが、インターネットで調べると本当に沢山あって、一体どれを選んだら良いのかわかりません。値段もピンきりです。

迷っていると時間があっという間に過ぎてしまいますので、サーバーと契約するのは今回が初めてという場合は、Xserver(エックスサーバー)をお勧めします。Xserver(エックスサーバー)は知名度もあって、安心して使えるホスティング会社として有名です。

アクションステップ
  1. ホスティング会社と契約しましょう
  2. ショッピングカートをインストールしましょう

前のページ:

次のページ: