12:プロフェッショナルなサイトとは?

プロフェッショナルなサイトはカッコ良いサイトである必要はありません。それから、カッコ良さを取るために、先ほど挙げたルール「ショップを一般的な形にする」、「訪問者が予測している形にする」を犠牲にしてはいけません。

ショップに訪れたら、商品が表示される前にフラッシュ動画を見せられて、30秒以上もショップの中に入れないようなショップは、デザイン的には「カッコ良い」かもしれませんが、「モノを売る」という観点から見たら、プロフェッショナルとは言えないのです。

Amazonなどの、大手ネットショップのサイトを見てみて下さい。これらのショップが「カッコ良い」サイトであることは、非常にまれです。

「売れている」ショップであればあるほど、どこも「使いやすい」、「見やすい」、「分かりやすい」を最優先して構築されているのがわかると思います。

それから、いかにも素人が作ったサイトは、もちろん「プロフェッショナル」とは言えないです。訪問者が自信を持って安心して注文できるような、最低限のデザインと要素を用意しなければ、お客さんは購入ボタンをクリックするどころが、正に10秒で「戻る」ボタンをクリックして永遠に去ってしまうでしょう。

前のページ:

次のページ: