6:【マーケティング】ペイ・パー・クリック広告(PPC広告)の基本

続いてペイ・パー・クリック広告(PPC広告、別名リスティング広告)についてです。これまでお話したSEO対策が無料で検索エンジンから集客するための手段であったのに対し、これからお話するのは有料の集客方法です。

まずPPC広告とは、「検索エンジンの検索結果画面で、指定したキーワードの時だけ広告を表示する」広告のことです。

検索結果画面に広告が表示されても、ユーザーがその広告をクリックしなければ広告料がかからないという特徴があります。そして、指定(入札)したキーワードに連動して広告が表示される(この理由から検索連動型広告とも呼ばれます)ので、狙ったターゲットだけにピンポイントで広告を見ていただくことが可能です。

検索エンジンなどで「スポンサーサイト」と書かれた枠の中に表示されているリンクを見るかと思います。あれがPPC広告です。最大手としてYahoo!などの検索結果に表示されるOverture(オーバーチュア)とGoogleの検索結果などに表示されるGoogle Adwords(アドワーズ)があります。

先ほど勉強したSEO対策が結果に結びつくのに時間がかかるのに対し、PPC広告は早ければ数分で、遅くても数日で集客を開始することが可能です。これはオープンしたてのショップにとっては、非常に大きなメリットと言えます。

では早速、ロックTシャツを扱うショップを例に、PPC広告の出し方を見ていきましょう。

Overture(オーバーチュア)検索結果例

Google Adwords(アドワーズ)検索結果例

前のページ:

次のページ: