9:【マーケティング】ペイ・パー・クリック広告【3】

【3】広告文にキーワードやメリット、他店との違いを含める

例)「ビートルズ Tシャツ」 というキーワードで検索した人には、「UKロックのTシャツ販売中...」ではなく、「ビートルズのTシャツ販売...」という広告文を表示する。

広告文は反応を見ながら改善できますので、最初はこだわらなくてもOKです。ただ闇雲に出してもお金が勿体ありませんので、最低でも下記を意識しながら作成してみてください。

  • お客さんが検索につかうキーワード、または関連キーワードをタイトルと本文に含める (太字で表示されるようになり目立ちます)
  • 特徴やお客さんが得られるメリットを明確にする
  • 他との違いを含める

反応が良い広告の書き方については、こちらのページが参考になるので読んでみてください。

PPCに限らず広告の目的は、ターゲット顧客にショップに来ていただくことです。実際に、検索エンジンであなたが扱っている商品を検索して、横に表示されるPPC広告を勉強してみましょう!

どんなメッセージが書かれていますか?
どんなメッセージだとクリックしたくなりますか?
どんなメッセージは目に入ってこないですか?

ポイントは、とりあえず「書いて」→「出してみる」ことです!実際にやってみないと分からないことが多いのでとにかく広告を出してください。

前のページ:

次のページ: