1:【マーケティング2】オプトイン・オファーを設置する

ここまでで注文を受けることができるレベルのショップが完成しました。これからはいよいよ販売して行く作業に入っていきます。そうです、

つまり、記念すべきオープンなのです。イェ~い!!!

あなた:
「えぇ~、まだ準備ができてないですし、自信もないので、もう少し待ってくれませんか?」

私:
「駄目です!完璧を目指してしまったら準備など永遠に終わりませんし、実際に行動しなければ自信など永久に得られませんよ。とにかくオープンしてください。」

はっきり言いますが、オープンしたところで、すぐに売れ始めるということはありません。お客さんが検索エンジン経由でショップに訪れるのは、早くても数週間~数ヵ月後です。有料広告でお客さんを集めたとしても、最初は面白いように売れません。

売れるショップを作るには、実際にお客さんに来ていただいて、反応を見ながらショップのデザインや商品の見せ方を微調整していく他ありません。お客さんが来ない状態で何ヶ月も何ヶ月も微調整を繰り返しても、場合によっては無意味なのです。

あなたの目的は稼ぐことであり、完璧なサイトを最初から用意することではありませんよね?!ここマジで重要なポイントです。

とにかく一度オープンしちゃってから、完璧を目指した長い長いジャーニーに出発してください。(ショップを運営する限り、永遠に続く旅です(^^♪)

ではここで一句。

「とりあえず オープンしちゃえばいいんだよと清水が言ったから、
今日が私のオープン記念日」

っておい!サラダ記念日かよ。(若い人ゴメン、古くて...)いや、マジな話、今後の記念日として今日の日を手帳に記入しておくのを忘れずに。

来年の今日はどこでどんなお祝いをしたいのか。どれくらいの売上げがあって、どんな生活をしているのか。くっきりはっきり想像してください。そして、それを絶対に勝ち取ると約束してください。

では、勝ち取るためのマーケティングを実践していくことにしましょう(^∀`)ヽm/

既に何度かお話しましたが、殆どのお客さんは最初の訪問では購入しないという事実があります。

色々なショップをチェックして、金額を比較して、サービスや種類などもいろいろ見比べて...「あとでまた戻ってこよう」なんて言いながら、殆どの人がそのまま戻ってこないのです。

統計では、「まあまあ売れている」と言われているショップでさえ、100人訪れても実際に購入するのは2人や3人と言われています。

今回、何も買わずに去ってしまったお客さんが次に戻って来てくれるのは、一体いつのことになるのか...はっきり言って知る由はありません(T_T)。

「え~、どうしたらいいの?」

はい、そこで登場するのが、「オプトイン・オファー」です。

前のページ:

次のページ: