3:オークションからの集客

今までの私の話が信用できずに(^_^;)、勘で大量の即納商品を仕入れてしまった人に是非試して欲しいのがオークションからの集客です。売れない在庫を寝かしておくほど勿体無いことはありません。デッドストックのお話を以前もしましたが、デッドストックは絶版という意味ではなく、死んだように(Dead)動かなくなった在庫(Stock)のことです。

死んだ在庫をいつまでも抱えているよりも、オークションに出すことで2つのメリットが得られます。1つ目は、自分のサイトでは得られない集客力を利用して、すぐに売れるかも知れないこと。もう1つは、売れなかったとしても通常の方法では得られなかった集客ができるということ。

特に2つ目のメリットを見過ごすことはできません。ここではヤフオク(Yahoo!オークション)を例にお話していきます。

【1】価格はショップと同じか高めに設定

ここでお話しするオークションの目的は、商品を落札してもらうことではありません。まだあなたのショップを知らない人たちに存在を知ってもらうことが最大の目的となりますので、値段は普段からショップで表示している定価または、それよりも少し高めに設定します。

【2】出品する商品の数はできるだけ多く

即納商品が10個あるのなら、10個全て出品しましょう。20個あれば20個出しましょう。出品費用はかかりますが、PPC広告を出す感覚で広告費と考えます。

(出品期間中は自分のショップでは「取り寄せ」扱いにしておくと二重注文を防げます。)

【3】出品ページ内にショップへのリンクを貼る

ヤフオクの規定によると、出品ページ内に貼るリンクは、【出品商品と関係ある場合はOK】とのことですので、

「この商品に関する詳細および、関連商品についてはこちらをご覧下さい。

と商品に関連するショップページへのリンクを貼ります。

ヤフー規定

  1. 商品を正しいカテゴリに出品して、正確に説明します。
  2. 1回のオークションで複数の商品を売る場合には、同一品に限定します(商品の形、色、種類、モデルなどがすべて一致するものとします)。
  3. Yahoo!オークションで売っている商品とは無関係の商品のための広告掲載やリンクを行うことはいたしません。
  4. Yahoo!オークションで売っている商品とは無関係のコメントを商品情報に記載したり、写真を掲載したり、リンクを行うことはいたしません。
【4】ランディングページを最適化する

リンクをクリックした直後に表示されるページを【ランディングページ】といいますが、このページをお客さんの想像に合わせた状態に調整します。想像に合わせるとはどういう意味か...

お客さんが、ここをクリックすると【赤い花が表示されるんだろうな...】と思っている場合は赤い花を、【フェラーリのラジコンの詳細が表示されるんだろうな...】と思っている場合はフェラーリのラジコンページを表示するという意味です。

何でもかんでもトップページに飛ばしてしまうとお客さんは混乱します。【ソニーのカメラの詳細ページ 】を想像している人に【家電全般が表示されたトップページ】を見せると混乱してしまうのです。混乱したお客さんは買いません。殆どの人が速攻で【戻る】ボタンをクリックしてしまうでしょう。

混乱したお客さんは買いません。

お客さんが望んでいるページを表示してあげたら、もう1つして欲しいことがあります。そのページに必ずオプトイン・フォームを設置すること。せっかっく新しいチャンネルから集客ができたのに、そこで情報を残していただかなかったら、非常に勿体ないです!オプトイン・フォームは絶対に設置しておきましょう。

【5】オークション内の自己紹介ページを充実させる

自己紹介ページに、ショップでうたっているUSPやショップへの誘導メッセージを書いてください。訪問者が、「おお!どんなショップだろう?!」と実際に訪問したくなるメッセージを考えましょう。そしてショップへのリンクも忘れずに明記しておきます。

(※ヤフオクの場合、自己紹介ページのリンクはクリックできない仕様になっていますが、コピペしてでも来てくれる人のために必ず明記しておきましょう。)

【6】期間は最長にして、自動更新もONにする

オークションでは落札されることよりも、【集客】に優先順位をおきますので、出品期間も最長にして可能な限り人目に触れるようにしてください。そして、落札されなかった場合は自動で再出品されるようにしておきましょう。

オークションでは【落札】されることよりも、【集客】に優先順位をおく

以上、これらのステップでオークションからの集客が可能です。

オークションに出す際のチェックポイント

  • 価格はショップと同じか高めに設定する
  • 出品する商品の数はできるだけ多くする
  • 出品ページ内にショップへのリンクを貼る
  • ランディングページをお客さんの想像に合わせた状態に調整する
  • オークション内の自己紹介ページを充実させる
  • 出品期間は最長にして自動更新もONにする
アクションステップ
  1. ターゲットのお客さんが検索に使うキーワード/キーフレーズを含むタイトルでブログを立ち上げましょう。
  2. フォーマットを考えながら最初のメルマガを完成させましょう。

前のページ:

次のページ: