4:【売れた後の話】親密度をアップさせよう

ここまでお読みいただいて、お客さんにあなたのお店のファンになってもらう為には【良い意味で期待を裏切ること】が非常に重要だと分かっていただけたと思います。

でも、これだけで十分か?というと、あと1つやって欲しいことがあるんです。

それは、お客さんが購入ボタンを押した後にフォローメールを出して、お客さんをトコトン安心させてあげるということ。前回お話した、お客さんに対する「思いやり」にも関連する内容ですよ。

想像してみてください。自分が買う側になったら、とにかく注文ボタンを押した直後から、突然不安で不安でたまらなくなっちゃいますよね。初めての店だったらなおさらです。

ちゃんと注文できてるだろうか...

この店は信用できる店だったのだろうか...

本当にこれが欲しかったのだろうか...

その不安を、あなたからの温か~いメールで打ち消してあげましょう!
とことん安心させてあげましょう!

さらにさらに、フォーローメールには「お客さんを安心させてあげる」以外にも、「お店とお客さんの親密度がアップする」というメリットもあるんですよ~。

人は、モノが同じであれば、接触回数が多い人の方から買いたいがるという、面白い習性があります。

あなただって、同じ車を買うにしても、聞いたこともない車屋さんから買うよりも、テレビでじゃんじゃん宣伝しているカーショップから買いたいと思いません?

値段が同じ位だったら、私は断然、何度も宣伝を目にしたカーショップを選んじゃいます。

ましてや、一度はあなたのお店で買い物をしてくれたお客さんです。今回のお買い物の直後から、何度かのフォローメールで接触頻度を増やして行くだけで、「この商品なら、絶対あなたの店から買いたい!」と思ってくれるお客さんがドド~ンと増えちゃうこと請け合いです!!!

だから、お客さんが注文してくれたら、出すのは「発送しましたメール」だけ、なんてことは絶対にないようにして下さいね!「その後いかがですか?」メールや、「お買い物のご感想をお知らせ下さい」メールなどなど、頻繁にコンタクトを取りましょう!

あまりビジネスの経験がない人は、

「そんなにメールを何度も出して大丈夫ですかね?」
「お客さんに迷惑がられて逆効果なんじゃないですか?」

と心配になるかも知れません。ですが、「売れているショップ」は必ずお客さんと頻繁にコンタクトを取っています。ホームページを作って、「今日は売れるかなぁ~」、「明日は売れるかなぁ~」とパソコンのモニターを見つめながら待ち続けるのではなく、積極的にお客さんにコンタクトを取っています。

そして、お客さんをサポートするメールを出しながら、同時に、自分やショップのことをがんがんアピールするのです。そうすることで、商品の値段が他社よりも高くても、「なぜかまたあなたから買いたくなっちゃったのよねぇ~!」、「●●と言ったらあなただよね!」と言ってくれるファン顧客が増えるのです。

神田昌典さんも、「もっとあなたの会社が90日で儲かる!」の中で、購入後の21日間に3回、お客さんと接触を持つことの重要性を上げています。

とにかく一度購入したお客さんにリピーター客になっていただくには、これ程重要かつ簡単な方法はない!と言っても過言ではありません。

以下にフォローメールの例を挙げておきます。あなたのフォローメール作りの参考にしてみて下さい。

前のページ:

次のページ: