5:市場を決める:「それだけでは、売れるかどうかの判断はできない!」

重要なポイントが1つあります。素人の考えだと、他人から「お金を払うから作ってよ~」とまで言われると、あたかもそこに需要があるように感じます。ですが、そこでビジネスを起こしてしまうとほぼ確実に失敗します。

なぜでしょう?例えばですね、自分が料理が大好きで、美味しいカレーが作れるとします。家族中が「美味しい!美味しい!」って言ってくれます。職場の人にも、とても評判です。。。

これって凄く嬉しい状況ですよね。

でも騙されてはイケマセン!彼らが喜んでくれるのは、あなたの人となりを知っているからこそなのです。

勿論、カレーは美味しいのです。ですが、あなたのことを何も知らない人達が、何十とあるカレー屋さんの中からあなたのカレーにお金を払ってくれるかというと、それはまったく別の話なのです。

それから、周りに読んでもらって「面白い!」と褒められた小説を、あなたが出版社に持ち込むとします。プロである出版社の担当者さんまでもが、「この本は面白い!」と太鼓判を押してくれたとします。

それでも...売れる保証はないのです。(本屋さんで売られている本が全てベストセラーになるわけではないのです。)

要は、身近な人たちがどんなに「欲しい!」と言っても、「売ってくれ~!」とあなたにお願いしたとしても、それだけでは売れるかどうかは判断できないということです。

重要なのは、大きな視野で見渡して、市場が何を求めているのかを明確にすること。そして、そこに自分の情熱をすり合わせていくということです。市場が求めていないものは、どんなに頑張っても売れないのですから。

逆に、市場が求めているものが分かれば、それを売ればいいだけです。これほど簡単な作業はないですよね(^_^)。

「でもさ、売れるモノなんて、どうやって見つけるのさ!」

そう思ったあなた!お答えしましょう。私が考える手段は2つです。

  1. 市場調査をする
  2. 「取り寄せサービス」を導入する

前のページ:

次のページ: