6:市場を決める:「市場調査のしかた」

まずは市場調査についてお話しましょう。インターネットが普及した今、市場調査はかなり簡単にできます。色々なツールがありますし、様々なトピックの掲示板を眺めるだけでも人はどんなものを欲しがっているのかじわじわと分かってきます。

市場調査に使えるサイト

mixiのみ紹介制なので、まだ加入していない場合は連絡ください。紹介メールをお送りします。

何度も繰り返しますが、売れるかどうか確認する前に扱う商品やサービスを決めてしまうと本当に大変なことになります。

在庫の山で部屋が埋まって、クビが回らなくなるだけじゃなく、借金でクビが回らなくなることだってありえます!(T_T)

っていうか、これ私に起こった実話です。

私が自分で経験した話だからこそ、あなたには同じ間違いを犯して欲しくありません。

ちなみに、アフィリエイトにしたって、情報商材にしたって基本は同じ。まず、時間はお金以上に重要だってことを思い出してください。

失ったお金は取り戻せますが、失った時間は、どんなにお金を使っても絶対に取り戻すことはできないのです。

それが理解できると、アフィリエイトで収入を得るにしても、情報商材を作って売るにしても、「売れるもの以外に時間を費やしてはならない」ってことが分かってきます。

これが分からないうちは、アフィリリンクを貼ったブログをひたすら更新し続けたり、新しい情報商材を何度も作っては売れず、また作っては売れずを繰り返すことになります。

でもね、売れないものは何をやっても売れないんですよ!逆に、売れるものだけ売ってれば、無駄な時間なんて全くかからないんです~

何が売れるかを調べるのに多少の時間はかかりますが、結果が出ないことに時間をかけて、貴重な人生を無駄にするのと比べれば、こっちは意味のある先行投資と言えます。

売れる商品が必ず見つかる方法なのですが、これは本当に簡単です。アフィリエイトであろうが、情報商材だろうが、物販だろうが、どんなビジネスにも通用してしまう魔法のフォーミュラがあるのです。

準備はいいですか?「売れる商品だけを確実に見つける方法」は...

商品を決める前に…需要と供給をチェックをする

これだけです(^_^)。 ...って言われてもよく分からないと思いますので、3つのステップに分けて解説していきましょう。

<売れる商品だけを確実に見つける方法>

【ステップ1】 詳しい分野、情熱を感じる分野をいくつか選ぶ
【ステップ2】 その分野で人々が抱えている共通の問題を明確化する
【ステップ3】 その解決策は簡単に手に入るのか調べる

前のページ:

次のページ: