11:市場を決める-競合を調査する

ターゲットの絞込みができたら、次に重要なのがターゲットが抱えている問題は、解決しやすいものか?それとも、解決されにくいものか?ということ。インターネットで検索すればすぐに解決できるような問題では、商売にはならないのです。

当時、メタルTシャツ専門店をインターネットで検索しても、上記の問題に直接答えるようなショップは見当たりませんでした。つまり、問題は「解決されにくい」状態でした。

映画館の例で考えてみましょう。街中に同じ映画を上映する映画館が50軒もあったとしたら、今から普通の映画館を建てたとしても成功は難しいですよね。なぜなら、既に問題はほぼ解決されている状態だから。

逆に、映画ファンが多い街なのに、映画館が1つも無いとしたら、そこに映画館を出して成功する可能性は非常に高いと言えるでしょう。(この例では、近郊の町に大きな映画館はないと仮定しています。)

以下の2ステップにしたがって、あなたのターゲットが抱える問題は【解決しやすいもの】なのか否かを調査してみましょう。

前のページ:

次のページ: