12:市場を決める-【ステップ1】ターゲットが問題解決のために使う検索キーワード、キーフレーズを考える

ターゲットが問題解決のために使う検索キーワード、キーフレーズを考える

例えば、「ギター」に関するビジネスを考えた場合、ターゲットが使うキーワードとして「ギター」というキーワードが思いつきます。単純です(^^♪

でも、「ギター」だけでは、彼らが具体的に何をしたいのか伝わってきません。

「ギター」というキーワードで検索する人は、ギターを買いたいのかもしれないし、売りたいのかもしれないのです。更に、ギターの修理方法を調べている可能性だってあります。

もし、あなたが「ギターの販売」に興味があるのなら、下記のような具体的なキーワードを考える必要があります。

  • ギター  購入
  • ギター  通販
  • 格安 ギター
  • ギター ショップ
  • ギター  直輸入

などなど。つまり、「ギターの販売」に興味がある場合は、パソコンのモニターの反対側にいる「ギターを買いたいと思っている」人が使いそうな、具体的なキーワードを考える必要があります。

さあペンを持って始めましょう!軽く数百個は浮かぶはずです。え、思い浮かばないですって?弱音を吐かずに最低でも100個浮かぶまで手を休めないでくださいね~ 

前のページ:

次のページ: