9:業者に問い合わせをする

問い合わせる前に、無料のメールアドレスを取得しましょう!お勧めなのがGoogleが提供するGmailです。

「無料メールで問い合わせをしたら怪しまれるんじゃない?」

そう思ったあなた、私も同感です...同感ですが、今はまだショップ専用のメールアドレスもありませんし、プロバイダがくれたアドレスを使ってスパムメールが来るようになったら悲しいので、いつでも捨てられる無料のGmailで行きましょう!

  1. GoogleのGmailのページにアクセスします。右下にある [ Gmailに登録 ] をクリックします。

    Gmailへようこそのページ
    Gmailへようこそのページ
  2. 次の画面でメールアドレスを決めたり、他の必要事項を入力していきます。その際、メールアドレスをショップ名にしてください。 

    ショップ名@gmail.com
    (※実際はアルファベットで指定します。例) moviefan@gmail.com)
    仮のショップ名でOKです!

    ここでの目的はあくまで、不特定多数の業者にメールをする際に、メールアドレスが悪用されるのを防ぐことにあります~。ですから、とりあえずショップっぽければどんなアドレスでもいいです(^^♪悩まずパッパッパッと決めちゃってくださいね~

    Gmailアカウント登録画面
    Gmailアカウント登録画面
  3. アカウントの出来上がりです。早速、 [ Gmailの利用開始はこちらから ] をクリックしてみましょう。

    ログイン画面はこちら

    Gmail登録完了画面
    Gmail登録完了画面
  4. ログインしたら、 [ 受信トレイに移動 ] をクリックします。

    gmail4
  5. これがGmailのアカウント内部です。今後、ここでメールの送受信を行うことができます。

    Gmailアカウント内
    Gmailアカウント内

それでは、早速業者に問い合わせをしましょう!問い合わせる内容は、たったの2つ。

  1. 取引をするには何が必要ですか?
  2. 最小購入額(数)はありますか?

今まで発掘してきた海外はもちろん、日本の業者にもなりふり構わずメールを送っちゃいましょう!問い合わせは無料ですし、どんな条件で取引ができるのか聞いて見なけりゃ分かりませんからね。

問い合わせは無料ですので、臆せずどんどんやりましょうね!

メールの内容ですが、日本の業者であればこんな感じのメールでOKでしょう。(あまり形式ぶらなくても大丈夫だと思います。)

ご担当者様

こんにちは、はじめまして。
[あなたのショップ名]の[あなたの名前]と申します。

突然ですが、御社との取引に興味があってメールをさせて頂きました。お取引条件を教えて頂けますでしょうか。

当方は、[商品名] を扱うオンラインショップを準備しているところです。先日 [相手のショップ名] さんのサイトを拝見しておりました。 [商品名]など、とても魅力的な商品を扱われていらっしゃいますね!!

是非、当店でも取り扱いたいのですが、取引にあたって必要な内容を教えてもらえませんか?また、注文時の最低購入額や最小ロットはありますか?

お忙しい中お手数ですが、宜しくお願い致します。

お時間ありがとうございました!

[あなたの名前]
[ショップ名]
[メールアドレス] 

日本の業者からの返事はたいてい冷たく、事務的な内容だと思います。あなたの知らない「業界用語」なんかも使われていて、ちょっと疎外感を感じちゃったりするかもしれません(T_T)(経験者談)。(ちなみに、最小ロットとは、最小購入数のことです。)

ですが、まぁそこは気にしないで、あくまで目的を達成するために、仕事としてメールを出しまくりましょう。それから、私からの重要なアドバイスなんですが、殆どの業者が事務的なメールを送って来たとしても、それを見本にはしないこと!

大多数の人がやっていることでも、間違っていることはあるんです。

メールの向こう側には、血の通った人間がいます。悩みもあれば、辛いことや幸せなこともある普通の人です。多くの業者がそれを忘れて機械的に対応をしている状況下で、あなたが誰に対しても常に人間味のある対応をすれば、嫌でも目立ちます。嫌でもお客さんがついてきます!

お金を払ってくれるのはお客さんである以上、これ以上重要なアドバイスはないかもしれません。

日本の業者が終わったら、続いて海外の業者に問い合わせてみましょう。もちろん英語ですが、難しく考えずに下記の文をそのまま送っちゃってください~

最初のメールでは、文中にあなたのショップ情報を細かく伝える事はせず、「卸しの条件などを教えて下さ~い」といった感じで気軽に聞いてみます。

【メールの件名:Wholesale info needed!】

To whom it may concern,

Hello!

Please send me information on how to purchase your products wholesale.

Your products are very attractive and we are very much interested in selling them in our store.

Please give me detailed info on wholesale prices, minimum order, shipping and handling, payment method, and all other necessary info to start doing business with you.

Thanks in advance,

[ あなたの名前 ] 
[ 仮のショップ名 ] 
[ あなたのメールアドレス ] 
[ あなたの住所 ] 

≪覚えておこう単語≫

Wholesale info needed(卸しの情報をお願いします!)、To whom it may concern(ご担当者様へ)、information on ~(~についての情報)、purchase your products wholesale(お宅の商品を卸し価格で買う)、all other necessary info(その他全て必要な情報)、to start doing business with you(御社と取引を始めるにあたって)、thanks in advance(宜しくお願いします!)

【概訳】

こんにちは!御社との取引条件を教えてください。御社の商品はとても魅力的なものが多く、当店で是非取り扱ってみたいです。御社と実際に取引を始めるにあたって必要な条件、最低購入金額、商品の発送方法、支払い方法など、その他必要な情報を全て教えてください。宜しくお願いします。

注意点:最初のメールなので、まだあなたのショップ情報詳細を書く必要はありませんが、礼儀として、差出人が誰なのかはわかるように署名をつけておきましょう。

差出人の書き方例

あなたの名前
仮のショップ名
メールアドレス
住所

Onamae Taro
Thai Beads Factory123
thai_beads_factory123@gmail.com
1234 Tai-machi Tai-shi
Tokyo, 123-4567
Japan

日本郵便:ローマ字住所の書き方

海外の業者と取引する際の重要な心構えとして、「すぐに返事はこない!」というのがあります。マジです。まるで言い合わせたかのように、返事が遅いです(^_^)。

それどころか、忙しい時期などは返事を全くくれないこともありますし、通常でも3、4日かかることはザラです(-_-;) ですから、ここで重要なのは「気長に待つ」ということ。1週間たっても返事が来ない場合は、2度目の連絡をしましょう。

その際、メールの件名に、

2nd attempt contacting you regarding wholesale info

(訳:卸売り情報に関して、2回目の問い合わせをしています) 
※infomationはinfoと省略することが多い。

と入れて、前回のメールをそのまま転送すればOKです。これでも返事が来ない場合はFAXを送ってみましょう。メールは読まずに捨てることがありますが、ファックスはたいてい目を通しますので、返事が来る確率も高くなりますよ。

国際電話のかけ方は。電話会社によって異なります。あなたが契約されている会社のHPなどを確認して下さい。

前のページ:

次のページ: