4:なぜ取り寄せるのか?

取り寄せマーケティングについてより深い理解をするために、まずはビジネスの基本についてお話ますね。「ビジネスの基本」は色々ありますが、今回お話する「基本」は、ビジネスを継続的に繁栄させるために不可欠な内容ですよ。

ビジネスを継続的に繁栄させるために不可欠な事、それは...

あなたのショップに興味を持っている人の名簿を、
継続的に集め続けること

こんな話を知ってますか?江戸時代の商人は、屋敷が火事になると、真っ先に顧客台帳を井戸に投げ込んでから外に逃げ出したそうです。

実はこの顧客台帳、コンニャク糊ですいた特製の紙でできていて、水に浸しても字が消えないようになっていたんだそうです。私の親戚の家のお蔵にもありましたが、プラスチックでコーティングされたような、ぱりぱりとした感触の紙なんです。

なぜ何も持たずに、顧客台帳だけは持ち出して井戸に投げ込んだと思いますか?

江戸時代の商人はある重要な事実を知っていたんです。屋敷がなくなっても、商品がなくなっても、お金がなくなっても、顧客台帳さえ残っていれば復活が可能だということを経験から知っていたんです。火事の翌日に、顧客台帳を井戸から拾い上げてお得意さんにコンタクトをとれば店など無くても商売はできますし、そこから再びビジネスを盛り返して行くことは難しくないのです。

あなたを以前から知っているお客さんならともかく、事情を知らない新しいお客さんを相手にゼロから商売を立ち上げ直していくなんて、とても難しいのは予想がつきます。これは、今の時代でも変わらず同じことが言えます。特にインターネットでは、どれだけあなたの商品に興味があるお客さんの情報を持っているか?

どれだけあなたの商品に興味があるお客さんの情報を持っているか?

これが成功を決める大きな要素になっているのです。「リスト」とか「ハウスリスト」等と呼ばれますがこれは江戸時代の顧客台帳と同じです。

あなたのショップに興味を持っている人の情報さえあれば、万が一の時でもビジネスを再起させることが可能ですし、もちろん普段のショップ運営も非常に有利になります。他の人が苦労して数ヶ月で姿を消していく中、あなたのショップだけ右肩上がりを続けることになります。

より良い商品を開発したり仕入れたりするのは勿論重要ですが、あなたの商品に興味がある人を継続的に集め続けることは、ビジネスの繁栄も衰退も決めてしまうほどに重要な内容なんです!

インターネット以前の世界では、この「あなたの商品に興味がある人」、別の言い方で言うと「ターゲット顧客」を見つけ出してショップに連れて来るのは、とても大変なことでした。

「ターゲット顧客」とは、「あなたの商品に興味がある人」のことをいう。

新聞や雑誌に広告を入れたり、テレビでコマーシャルを流したりと、とにかくお金がかかりました。最初に用意するお金もたくさん必要でしたので、資金をあまり用意できない人にとっては、非常に難しい環境でした。

それが、インターネットの登場で「お金がかからない」、又は、「安い」集客手段が数多く出現しました。私たちにとっては本当に朗報です。言い換えれば、インターネットの登場で、初心者でも商売を始めやすい環境が整ったのです。

それでは、具体的にインターネットではどんな集客の方法があるのでしょうか?

取り寄せマーケティングのメリットを理解するためには不可欠な内容ですので、更に詳しく見ていくことにしましょう!

前のページ:

次のページ: