4:ドメイン名を決める際に注意する3ポイント

≪ドメイン名を決める際に注意する3ポイント≫

  1. お客さんに馴染みがない単語は使わない
  2. 可能な限り商品に関連があるキーワードやショップ名を含める
  3. 一瞬見ただけでも覚えられるような単語を使う
1.お客さんに馴染みがない単語は使わない

普段から英語の環境で暮らしていないお客さんを相手にする場合、一般的ではない英語は使わないことが重要です。(他の言語でも勿論同じことが言えますよ)

逆の例で言えば分かりやすいかもしれません。例えば、あなたが海外のお客さんに向けたショップを運営しているとします。

ドメイン名は、 http://www.omiyageya.com(お土産屋.com)。これだと、日本語が分からないお客さんを惑わす原因になってしまうでしょう。

omiyageyaとローマ字で書かれたとしても、英語圏の人には普通なんのことだかさっぱり分からないですし、簡単に覚えることなど到底できません。

英語圏のお客さんに向けた「日本のお土産」ショップなら、

http://www.SouvenirJapan.com

http://www.JapanSouvenir.com

http://www.souvenir.jp/

※souvenir:お土産の意味

などが適切でしょう。英語圏の人なら上記のドメイン名を見ただけで、どんなビジネスなのか、何を扱っているのかが、うっすらと想像ができるはずです。

ちなみに、上記のドメイン名の内2つは実在するのですが、名前から想像できるような「お土産屋さん」ではありません...まったく別の業種です。(←まさに私が言いたいポイントです)

2.可能な限り商品やサービスと関連があるキーワードやショップ名を含める

ドメイン名に、取り扱い商品に関連があるキーワードやショップ名を含めることで、どんなショップなのかが連想しやすくなると同時に、「分かりやすい」&「覚えやすい」ドメイン名になります。

例えば、クマのぬいぐるみを販売しているのなら、http://www.KumaNoNuigurumi.com(クマのぬいぐるみ.com)や、http://www.KumaChan.com (クマちゃん.com)、 http://www.KumaKun.com (クマくん.com)なんていうのはどうでしょうか。

お客さんが、ネットでクマのぬいぐるみを検索中にこれらのドメイン名を見たら、容易にショップの内容が予想できるでしょうし、何より覚えやすいですよね!

逆に、コメディー映画関連グッズを取り扱う店に、http://www.ElmStreetShop.com(映画「エルム街の悪夢」から命名)といったドメイン名を選んでしまったり、

アクションムービー関係のフィギャーやポスターの専門店なのに、http://www.StephenKingMania.com(ホラー小説の著者「スティーブン・キング」から命名)と付けてしまってはダメということです。(※上記ドメイン名は全て架空のモノです)

あなたのショップに来て欲しいお客さんが、ドメイン名を見て、

何?スティーブンキングマニア?
ホラーグッズの店か・・・
俺はアクション系が好きだから、
このショップは関係ないな...

などと、ショップに訪れる前から去ってしまっては本当に勿体ないのです。

3.一瞬見ただけでも覚えられるような単語を使う

最後に、「すぐに覚えられる」というのも非常に重要なポイントなので忘れないでください。2番とお話した内容と関連していますが、どんなに一生懸命考えたドメイン名でも、お客さんが覚えられなければ全く意味がないのです。

「ショップ名さえ覚えていただければ、ドメイン名なんて知らなくても良いんじゃないの?」

そう思う人もいるかも知れませんが、ショップ名を検索窓に入力したからといって、あなたのショップが発見できるかと言えば、100%そうとは限らないのです。同じような名前のショップ名が存在していたら、お客さんはそちらに流れてしまうかもしれないのです。

(そしてお客さんは、あなたのショップに来たと勘違いし続けるかもしれません。)

それ以上に、検索エンジンの都合であなたのショップが検索結果に表示されなくなってしまったらどうしますか?理由は色々ですが、「昨日まで検索結果に表示されていたのに、今日になったら全く表示されなくなってしまった!」なんてことは日常茶飯事です。

だからこそ覚えやすいドメイン名にしておくことは重要です。一度でも訪れたことがあれば、忘れることができないようなドメイン名にしておけば、万が一検索エンジンで見つからなくなっても安心なのです!

ある意味、ドメイン名に関してはこれが最重要ポイントかもしれません。とにかく誰でも簡単に覚えられるドメイン名にしましょう。

以上が、ショップ名とドメイン名を決める際の重要点です。既にショップ名が決まっていたり、ドメインを取得済みの場合でも、長期で見たら変更した方が良い場合もあります。読んだ内容と照らし合わせながら、よ~く検討してくださいね!

それから、ドメイン名は、年間1000円ほどで、誰でも自由に取得できるので、良いのが思いついたらできるだけ早く確保する必要があります。(世の中には同じアイデアを同時に思いつく人が必ず数人はいるそうです...それがもし本当なら急がないと(^_^;)) 

それでは、早速、ドメイン名を考えて、取得可能かどうか調査してみて下さい。そして取得可能なドメイン名のアイデアを3つ出してみましょう。

第一候補:
第二候補:
第三候補:

ビデオ補足参考資料(オススメのドメイン取得会社)

私が実際に使っているお勧めドメイン登録サービスを2つご紹介します。ぜひ参考にして下さい!

【バリュードメインの特徴】 ここは、ドメイン登録代行だけでなく、

  • 無料メール転送
  • 自由に設定可能な無料ネームサーバー
  • 無料ダイナミックDNS
  • 無料URL転送
  • 無料、有料サーバー

を提供するドメイン総合サービスです。管理画面には機能がありすぎて、ちょっと初心者には分かりにくいかもしれません...。私はこのサービスをメインで利用しています。

【お名前.comの特徴】 頻繁にキャンペーンを行うので、タイミングによっては格安でドメインをゲットすることが可能です。

【ムームードメインの特徴】 値段も安く、初心者にも分かりやすいとの評判です。
私がサポートさせて頂いている会員さんの多くは、こちらでドメインを取得されています。

前のページ:

次のページ: